頭に乗せて楽に集中できる瞑想法

企業・団体で活用できるワンポイントメディテーション

超一流企業、できるビジネスパーソンなどがよく瞑想を取り入れ活用していることを、雑誌やインターネット記事で読んだことはありませんか?

重要な会議の前業務の開始時集中を取り戻したい時ストレスのコントロールにワンポイント瞑想を活用してみましょう。メンタルヘルスや心の健康にも役立ちます。

皆さまが職場やご自宅などで行うワンポイントメディテーション
無料特典レポート ダウンロードページはこちら

ストレス解消によいビジネス瞑想、 ワンポイントメディテーション

職場のストレスケアは、心身の健康はもとより、仕事の集中力や生産性にも直結する大事な問題です。
厚生労働省が2018年8月に発表した「労働安全衛生調査」によると、現在の仕事や職業生活に関することで、強いストレスとなっていると感じることがある労働者の割合は58.3%にのぼります。

こうした精神的ストレスへの対策として有効な手段の一つが、「ビジネス瞑想」です。
様々な研究でも、ストレスが減少する、感情コントロールが上手になる、辛いことを乗り越える力、回復弾力性が高くなるなどの瞑想の効果が分かっています。

スティーブ・ジョブス氏やビル・ゲイツ氏など、ビジネス界のリーダー層に瞑想が支持されているアメリカでは、瞑想実践者が増え続けています。
アメリカ国立衛生統計センターが2018年11月に発表した調査結果によると、瞑想をする18歳以上の大人の割合は、5年間で3倍以上に増えました。
オフィス内に瞑想ルームを設ける企業も出てきています。

じっと座ったまま瞑想をするだけなく、瞑想に体を動かすという要素を加えることで、ストレスをさらに和らげることができるという指摘もあり、実際、それを裏付ける研究成果も出ています。
また、メンタルヘルスやメンタルの問題から生じる社会問題の解決も期待できます。

「マインドフルネス」「座禅」など、今話題の瞑想がより簡単に実践できる「ワンポイントメディテーション」。無料特典レポートでは様々なシーンに合わせて方法を詳しく解説しています。ぜひご活用ください。

天門瞑想とは?

天門瞑想は、頭の上に物を乗せる瞑想で、バランス感覚の向上や物忘れをしにくくなる、集中力アップなどが期待できます。

「天門」とは、頭頂部にある気エネルギーの通路のことで大天門と小天門があります。東洋医学では大天門のことを百会のツボとも言います。
百会は、頭のもやもやを取り、すっきりさせる働きがあるツボとして活用されています。

用意するものは、本など、頭の上に乗せるものだけです。ある程度の重みがあって、落ちてもケガをしないものをご用意ください。
頭の上に乗せた途端に、脳がバランスを取ろうとするので考えや感情が減り、集中力が高まります。
全身のツボが開いて、血液と気エネルギーの流れがよくなります。

印堂瞑想とは?

印堂瞑想は、横になって行いますので、どなたでもできるのが最大のメリットです。

印堂というのは、眉間にあるツボの名前です。
500円玉くらいの大きさの石など、額にあてたときに、ひんやりするものを用意します。
ちょうどいい大きさのものがない場合は、小さいものより大きいもののほうがいいですが、落ちても危なくないものをご用意ください。

印堂瞑想は、これだけでも大丈夫なのですが、高齢の方は体力がない場合が多いので、お腹に温かいホットパックも同時に乗せることをおすすめします。

頭にひんやりするものをあて、おなかに温かいものをあてると、水昇火降が起こります。

水昇火降というのは、健康なエネルギー状態のことで、腎臓にある水のエネルギーは上にあがり、心臓にある火のエネルギーは下にさがることを意味します。頭はすっきりしていて、お腹は温かい状態です。昔から「頭寒足熱」が健康によいと言われていますが、それをエネルギーという視点で表現した言葉が「水昇火降」になります。

ワンポイント瞑想を取り入れている企業様のご紹介